蜂の子のすべて

老人性難聴が蜂の子で回復できる?

年齢を重ねると声が聞こえづらくなる症状について、多くの人が見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。
このような症状の一つが、老人性難聴と言われています。
老人性難聴とは治療方法が見つかっていない疾患の一つです。
その老人性難聴に「蜂の子」が良い効果を発揮してくれることをご存知でしょうか?
今回は、老人性難聴に対する蜂の子の効果効能について、皆さんにご紹介させて頂きます。

蜂の子で効果を感じられる老人性難聴とは

難聴には、大きく分けて感音声と伝音声の2種類があることをご存知でしょうか。
感音声難聴とは、内耳の感音器官や脳に何らかの障害が発生して起こる難聴です。
伝音声難聴とは、外耳や内耳の障害によって起こる、中耳炎や鼓膜の損傷などによる難聴です。

老人性難聴は、上記の感音声難聴に属します。
加齢性難聴とも呼ばれる老人性難聴は、50代〜60代頃から聴力が落ち始める特徴があります。
年齢と共に聴力が少しずつ衰えていく疾患で、老化現象の一つとして考えられています。

ストレスとコルチゾール

老人性難聴の原因は正確に解明されていません。
従って、明確な解決方法も確立されていないのですが、原因となる可能性はいくつか考えられています。
その中の一つが「ストレス」です。
自律神経のバランスが崩れることによって、老人性難聴が進行するのではないかと言われています。

その他に、年齢によって増加する「コルチゾール」と呼ばれるホルモンによって、老人性難聴が進行する可能性も見つかっています。
コルチゾールは主に内耳で働くホルモンで、聴力を司る感覚器官の調子に関係します。
コルチゾールの働きによって聴力が左右されている可能性が見つかっており、コルチゾールの働きが強くなると聴力が弱くなると言われています。

蜂の子で老人性難聴を回復

蜂の子には、アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、老人性難聴の改善に役立つ効果が期待されています。

蜂の子に含まれるアミノ酸の一種「トリプトファン」は、自律神経を整えるセロトニンというホルモンを作り出してくれる成分です。
老人性難聴に、自律神経のバランスが関係していると言われており、セロトニンの働きによる自律神経の調整効果が難聴を回復してくれると考えられています。
自律神経のバランスが良い方向に向けば、ストレスを感じる度合いも軽くなると言われており、ストレスによる老人性難聴の進行を抑制できるとも考えられています。

さらに、蜂の子には聴力をアップさせると言われている亜鉛や鉄分が含まれており、老人性難聴の進行を遅らせることが出来ると言われています。
疲労回復効果のあるビタミンB群によって、血流の改善効果も期待できますから、有効成分を全身に巡らせられると考えられており、老人性難聴の回復を促進させてくれると期待されています。

蜂の子でいつまでも良好な聴力を


蜂の子は多くの栄養素が豊富に含まれている健康食品です。
継続的に摂取することでその効果を発揮してくれます。

ストレスやコルチゾールは、老人性難聴の原因の一つ。
それらを制限・抑止してくれる蜂の子に、大きな期待が寄せられているのです。