蜂の子のすべて

蜂の子で不眠症改善

眠りたいのに眠れない。
布団に入ってじっとしていても、なかなか寝付けずに気がついたら時間が経過している事ありますよね。
そんな不眠症の対策に蜂の子が効果を発揮してくれます。
今回は、蜂の子の不眠症改善効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

蜂の子の睡眠ホルモン

蜂の子には睡眠を促進してくれるホルモンが含まれています。
そのホルモンとは「セロトニン」。
セロトニンは、蜂の子に含まれるトリプトファンと呼ばれるホルモンが変化した物質です。

セロトニンは、摂取された後に徐々に「メラトニン」と呼ばれる成分に変化する特徴を持っており、そのメラトニンが眠りをサポートしてくれると言われています。
メラトニンは睡眠ホルモンとして知られており、自然に起きることが出来ると表現される「体内時計」を適切に調整してくれます。
毎日の寝覚めが一定の時間になる状態が理想的と言われており、メラトニンの働きによって目覚まし時計がなくとも自然に眠れたり起きたりできるようになると期待されています。

蜂の子の精神安定効果

蜂の子に含まれているトリプトファンは、体内に摂取された後セロトニンに変化することをご紹介しました。
具体的には脳内部でトリプトファンからセロトニンへ変化します。
そのセロトニンは別名「幸せ物質」とも言われており、自律神経の乱れを整えてくれる働きが認められています。

自律神経の乱れは、不眠症に関係していることが分かってきており、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで精神状態が不安定になる事が起因すると言われています。
自律神経のバランスを蜂の子によって安定させることで、幸せ物質のセロトニンの分泌が促され、不眠症の対策に繋がると考えられているのです。

蜂の子を摂取するタイミング

いつ蜂の子を摂取することが、不眠症の改善や対策に効果的なのでしょうか?
この記事では、蜂の子で不眠症の対策効果を得たい場合について、朝に摂取することをオススメさせて頂きます。
蜂の子は、摂取してから吸収されるまでにある程度の時間がかかるからです。

蜂の子は、胃の中で消化されるまでに3時間から5時間程度必要なほど消化しにくい食材なのです。
さらに、小腸へ移動しても7時間から9時間程度存在しています。
大腸へ移動したあとも、さらに10時間程度存在するほどです。
このように非常に長い時間体内にある蜂の子ですので、朝のタイミングに摂取することで就寝時間に効果を発揮してくれることが期待できますし、それほどの時間内臓が動き続けると考えれば、就寝前の摂取はあまり好ましいとは言えません。

蜂の子で不眠症を解消

いかがでしたでしょうか。
蜂の子に含まれる成分によって、不眠症を解消できる可能性に気付いていただけたかと思います。
蜂の子は非常に優れた健康食品として知られていますが、不眠症にも効果を発揮してくれるならば、毎日続けない理由はありません。
毎日の蜂の子で不眠症を解消
試してみてはいかがでしょうか。